あたしが生徒の時分の夏休みは祖父母の在宅に出向くのが快楽でした。飛行機で二間ちかく、掛かるので二年に最初回夏休みに行っていました。本当は都度年行って、おカタチ1箇月にも行きたいですが父方の在宅が手厳しく父が会社の時は夫人方の在宅にも行けませんでした。父方と夫人方の在宅は間近いので黙って夫人方の在宅にいくのも厄介でしたので今まで祖父母に会った回数は少ないです。父の会社も夏休みはありますが仕事柄、世人が夏休みの間程いそがしいのでスクールが夏休みの時は働いていました。おカタチ1箇月も会社なので冬休みに祖父母の在宅に行ったことがありません。なので、お盆やおカタチ1箇月は普通の日として過ごしてきました。大人になってから、おカタチ1箇月は何をしたらいいの?とインターネットで見つけるようになりました。父方とはつながりが悪いので夫人方の在宅にいくのが快楽でした。従姉妹も夫人方の家の近くにいるので皆で遊ぶのが楽しかっただ。従姉妹は自分、年下部なので姉ちゃんと呼ばれ遊んでいました。父方の従姉弟とは肝心最少しか話したことがないだ。今は父も亡くなり、これからは自由に夫人方の在宅にレジャーに通えるかなあと思っています。おじいちゃんの葬式以来夫人方の在宅には十年以外、行ってないので祖母が元気な間に行きたいだ。